2011年06月25日

包茎について

包茎とは、陰茎の先端の部分である亀頭が包皮におおわれている状態のことをいいます。赤ちゃんはみな包茎です。陰茎は体の成長とともに包皮が後退し、亀頭が自然に露出するようになりますが、大人になっても皮がむけない場合を包茎と呼びます。


包茎で悩む男性は結構いるようです。包茎についての知識がないがゆえに、悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。


包茎については、専門家のアドバイスを受けるのが一番です。といってもペニスの問題はかなりデリケート。人に聞くのがはずかしい方もいるでしょう。こういう方のために、24時間フリーダイヤルで相談を受け付けているクリニックもあります。また無料カウンセリングを実施しているところもあるので、包茎についての悩みがある方は、一度足を運んでみてはいかがですか。
posted by nikkou at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

包茎とは

包茎は男性にとっては悩みの種です。


包茎とは小児ではあたりまえですが、カラダが成長しても、亀頭が包皮におおわれたままで、露出できない場合を包茎と言います。皮かぶりともいいます。高校生ぐらいまでに包皮がむければ問題ありません。


包茎は自覚症状が特にありません。しかし、包茎では亀頭部が不潔になったり、包皮内に恥垢がたまりやすくなります。そうなると炎症を起こすこともあります。ごくまれに、腎臓まで炎症を起こすことがあります。


包茎といっても、ふだんは包皮におおわれていても、包皮を反転することができるのなら何ら問題はないのです。むしろ、ペニスを清潔に保つことができるかどうかが重要と言えます。


包茎には真性包茎と仮性包茎があり、真性包茎の場合は手術が必要です。
posted by nikkou at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

ワキガ対策

ワキガで一番の原因は汗。汗はアポクリン汗腺とエクリン汗腺という場所からでています。これらの汗は本来無臭ですが、アポクリン汗腺から出た汗に含まれる脂肪酸などを雑菌が分解することによって、ワキガとよばれるイヤなニオイを発してしまうのです。


ワキガ対策は、ワキや局部を清潔に保つことが大切です。しっかりと対策をしないと、悪臭を放ってしまいます。


デオドラント剤だと、長続きしない、デオドラント商品自体の香りが気になる、肌が白くなる、べとべとする、等のデメリットがあります。


ワキガ対策の一つにミョウバンせっけん、ミョウバンスプレーというものもあります。


ワキガのある人は、普段の食生活にも気をつけたいものです。洋食よりも和食を基本に、蛋白質では肉よりも魚を選び、薄味にしていくことも良いでしょう。
posted by nikkou at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

子供の包茎手術

子供が包茎で手術をする場合、思春期はペニスが発達するときなので避けます。遅くとも10歳までには済ませること。一番よい時期は、3〜5歳となっています。思春期にさしかかっている場合は、18〜20歳になってから、大人と同じ包茎手術として扱われます。


子供は仮性包茎の場合が多いですが、仮性包茎は、一般に手術の適応にはなりません。しかし、包皮がかなり長すぎる場合や、小児で、亀頭包皮炎が繰り返し起こる場合や、排尿困難がある場合には、背面切開と環状切除術がすすめられます。


子供の包茎の手術は全身麻酔が必要ですが、小学校高学年以上なら局所麻酔でもできます。局所麻酔で行う場合は、入院の必要はありません。
posted by nikkou at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

子供の包茎について

子供の包茎について言うと、まず、赤ちゃんは包茎であるのが普通です。


子供で幼児期から小中学生の間が、包茎になりやすい時期と言えます。しかし、子供の場合はほとんどが仮性包茎です。包茎で炎症を起こすのは、亀頭包皮癒着によるものが多いです。


子供の包茎は、以前は手術対象とされていましたが、思春期がくれば自然と解決される仮性包茎の場合が多いので、そのままでも大丈夫の場合がほとんどです。


子供の包茎の中で重要なのは、亀頭包皮炎を繰り返し起こしたり嵌頓包茎を起こす場合です。こういう場合は手術をしたほうがよいです。亀頭包皮炎とは、包皮や亀頭部の炎症です。嵌頓包茎とは、包皮口が狭い場合に無理に包皮を反転させたがために、陰茎が絞扼(こうやく)され、亀頭部が浮腫・腫脹してしまった状態です。


子供を持つ親にとって、自分の子供が包茎ではないかと過剰に悩みを持つ方もいらっしゃるようです。あれこれと悩むよりは、信頼のおける医者に相談するのが一番良いと思います。
posted by nikkou at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

カントン包茎について

カントン(嵌頓)包茎とは――真性包茎や包皮口がかなり狭い場合、包皮を無理に反転させると、陰茎は亀頭の根元の溝のところで締め付けられてしまいます。このような場合は、亀頭部がすぐに浮腫をきたし、腫れ上がってしまい、反転した包皮を元に戻すことができなくなります。この場合強い痛みが発生します。こういう状態を「カントン包茎」といいます。


カントン包茎では、圧力で陰茎への血流が妨げられるので、包皮を戻さないと陰茎組織が壊死するおそれがあります。環状切開あるいは包皮に切り込みを入れて、締めつけを緩和します。


カントン包茎は、まれに診察などで、包皮をめくったあと元に戻すのを忘れた場合に起こることもあるそうです。


カントン包茎になりやすい年齢層は、幼児から小中学生で、成人ではめったにみられません。
posted by nikkou at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。