2011年10月25日

カントン包茎とは

カントン包茎(嵌頓包茎)とは、亀頭が狭い包皮輪のため外側にはまり込んで元に戻らなくなった状態をいいます。


カントン包茎が起こると、強い痛みがあり、包皮ではまり込んでいるために血行が悪くなり、水ぶくれのように腫れ上がり、ひどいときには卵大とかソフトボール大にもなってしまいます。


痛みのあまり病院にかけこむケースが普通ですが、人によっては放置する場合もあるようで、手遅れになると血行不全で包皮の一部が壊死することもあります。


カントン包茎は、幼児から小中学生でなりやすく、成人ではめったにみられません。


カントン包茎になった場合、自分で包皮を元に戻すことはほとんど不可能で、医師による緊急整復処置が必要です。
posted by nikkou at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。