2011年09月01日

ワキガ対策

ワキガで一番の原因は汗。汗はアポクリン汗腺とエクリン汗腺という場所からでています。これらの汗は本来無臭ですが、アポクリン汗腺から出た汗に含まれる脂肪酸などを雑菌が分解することによって、ワキガとよばれるイヤなニオイを発してしまうのです。


ワキガ対策は、ワキや局部を清潔に保つことが大切です。しっかりと対策をしないと、悪臭を放ってしまいます。


デオドラント剤だと、長続きしない、デオドラント商品自体の香りが気になる、肌が白くなる、べとべとする、等のデメリットがあります。


ワキガ対策の一つにミョウバンせっけん、ミョウバンスプレーというものもあります。


ワキガのある人は、普段の食生活にも気をつけたいものです。洋食よりも和食を基本に、蛋白質では肉よりも魚を選び、薄味にしていくことも良いでしょう。
posted by nikkou at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

子供の包茎手術

子供が包茎で手術をする場合、思春期はペニスが発達するときなので避けます。遅くとも10歳までには済ませること。一番よい時期は、3〜5歳となっています。思春期にさしかかっている場合は、18〜20歳になってから、大人と同じ包茎手術として扱われます。


子供は仮性包茎の場合が多いですが、仮性包茎は、一般に手術の適応にはなりません。しかし、包皮がかなり長すぎる場合や、小児で、亀頭包皮炎が繰り返し起こる場合や、排尿困難がある場合には、背面切開と環状切除術がすすめられます。


子供の包茎の手術は全身麻酔が必要ですが、小学校高学年以上なら局所麻酔でもできます。局所麻酔で行う場合は、入院の必要はありません。
posted by nikkou at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

子供の包茎について

子供の包茎について言うと、まず、赤ちゃんは包茎であるのが普通です。


子供で幼児期から小中学生の間が、包茎になりやすい時期と言えます。しかし、子供の場合はほとんどが仮性包茎です。包茎で炎症を起こすのは、亀頭包皮癒着によるものが多いです。


子供の包茎は、以前は手術対象とされていましたが、思春期がくれば自然と解決される仮性包茎の場合が多いので、そのままでも大丈夫の場合がほとんどです。


子供の包茎の中で重要なのは、亀頭包皮炎を繰り返し起こしたり嵌頓包茎を起こす場合です。こういう場合は手術をしたほうがよいです。亀頭包皮炎とは、包皮や亀頭部の炎症です。嵌頓包茎とは、包皮口が狭い場合に無理に包皮を反転させたがために、陰茎が絞扼(こうやく)され、亀頭部が浮腫・腫脹してしまった状態です。


子供を持つ親にとって、自分の子供が包茎ではないかと過剰に悩みを持つ方もいらっしゃるようです。あれこれと悩むよりは、信頼のおける医者に相談するのが一番良いと思います。
posted by nikkou at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

カントン包茎について

カントン(嵌頓)包茎とは――真性包茎や包皮口がかなり狭い場合、包皮を無理に反転させると、陰茎は亀頭の根元の溝のところで締め付けられてしまいます。このような場合は、亀頭部がすぐに浮腫をきたし、腫れ上がってしまい、反転した包皮を元に戻すことができなくなります。この場合強い痛みが発生します。こういう状態を「カントン包茎」といいます。


カントン包茎では、圧力で陰茎への血流が妨げられるので、包皮を戻さないと陰茎組織が壊死するおそれがあります。環状切開あるいは包皮に切り込みを入れて、締めつけを緩和します。


カントン包茎は、まれに診察などで、包皮をめくったあと元に戻すのを忘れた場合に起こることもあるそうです。


カントン包茎になりやすい年齢層は、幼児から小中学生で、成人ではめったにみられません。
posted by nikkou at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

カントン包茎とは

カントン包茎(嵌頓包茎)とは、亀頭が狭い包皮輪のため外側にはまり込んで元に戻らなくなった状態をいいます。


カントン包茎が起こると、強い痛みがあり、包皮ではまり込んでいるために血行が悪くなり、水ぶくれのように腫れ上がり、ひどいときには卵大とかソフトボール大にもなってしまいます。


痛みのあまり病院にかけこむケースが普通ですが、人によっては放置する場合もあるようで、手遅れになると血行不全で包皮の一部が壊死することもあります。


カントン包茎は、幼児から小中学生でなりやすく、成人ではめったにみられません。


カントン包茎になった場合、自分で包皮を元に戻すことはほとんど不可能で、医師による緊急整復処置が必要です。
posted by nikkou at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

真性包茎について

真性包茎とは、平常時・勃起時にかかわらず、亀頭部が皮をかぶったままの状態のことをいいます。真性包茎だと自分の手でも剥くことはできません。真性包茎の原因としては、包皮の開口部が小さいことと、包皮と亀頭の一部が癒着していることがあげられます。


真性包茎の場合、亀頭部が不潔になりやすいので、亀頭包皮炎、男性不妊といったものの誘因となることもあります。


真性包茎の場合、手術適応となることが普通です。しかし、手術による包皮の切除を伴わない治療や矯正によって、真性包茎を治すことが可能であるとも言われています。例えば、自分で矯正可能な器具である「包茎グッズ」と呼ばれるものがあり、ネットで入手可能となっています。
posted by nikkou at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

真性包茎とは

真性包茎とは、自分で亀頭部を露出できない状態のことをいいます。無理に亀頭を露出させようとすると、痛みを感じたり、出血することもあります。包皮と亀頭の癒着や包皮の出口が狭いなどが真性包茎の原因です。


真性包茎の場合、恥垢がたまりやすく、不潔になりやすいです。不潔なままにしておくと、亀頭包皮炎をはじめとする感染症などが起こりやすくなります。射精をしても包皮が邪魔をして精子が出て行かないために、男性不妊となることもあります。また、不衛生な状態では、性行為の相手の不妊症の原因や、子宮の病気の誘因になるとも言われています。


真性包茎は、基本的には手術適応となります。
posted by nikkou at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

包茎手術とは

包茎になると包皮がめくれないため、排尿や性行為の妨げとなり、尿路感染症などのリスクが高くなります。これを解消するために、包茎手術がなされます。


子供の場合は全身麻酔下で手術されますが、大人の場合は、局所麻酔で日帰り手術となります。


包茎手術の方法は、包茎の状態によって異なります。仮性包茎だと、メスを使わずに糸を使った、包皮がむけるように癖付けするための手術もあります。真性包茎・カントン包茎の方には切る手術です。この場合は環状切除が一般的です。手術痕が残らないように切開方法を工夫した手術もあります。


包茎手術は痛いというイメージが多いですが、最近は無痛治療を心がけている病院も増えてきています。包茎手術を受ける場合、症例数が多いことや、相談にきちんとのってくれること、また専門で包茎手術をしていることを基準として、病院を選ぶようにしましょう。
posted by nikkou at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

包茎手術について

包茎手術とは、包茎を改善する手術です。日本人男性の半分以上は仮性包茎といわれ、手術の対象をまぬがれることが多いです。包皮輪が狭くないのなら、普段きれいに洗って垢を落としていればまず心配はありません。しかし、真性包茎や嵌頓包茎の場合は手術する必要があります。


包茎手術はクリニックによって費用も様々なようです。包茎手術をする場合、まずは親身に相談にのってくれる医者を見つけることです。包茎は、男性にとっては一生の問題とも言えます。手術を受けるとしても、十分な説明を受けてからにしましょう。


包茎手術で、不当に高額な手術に関しては、消費生活センターに相談するか、弁護士協会にご相談下さい。
posted by nikkou at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

気になる口臭

口臭を悩みとする方は案外多いようです。日本人は特に臭いを気にする民族のようで、中でも一番気になる臭いが口臭だそうです。ある調査では、結婚したくない相手として、トップが「口臭のある人」という結果だったとのこと。また男女別では、女性のほうが口臭を気にするようです。


口臭の原因はいろいろありますが、一番多いのは口の中の病気である虫歯や歯槽膿漏など。口はもともと細菌が繁殖しやすい場所なので、プラークコントロールがうまくされていないと、口の中は腐敗菌でいっぱいになります。また歯や歯茎だけではなく、舌苔が口臭の原因となっていることもあります。


口臭を気にする方の中には、実際には口臭がそれほどないのに、「いや、あるにちがいない」と本人だけが思い込む、いわゆる心因性のものもあり、主に思春期や更年期世代でみられます。他に清潔志向が過度になったために起こる場合もあります。
posted by nikkou at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。